アイドル評論家になりたいだなんて思ってない

140字じゃ足らないアイドルのことを徒然と。

V6オバドラコンビの好きなエピソード徒然

V6のオバドラコンビについて徒然します。


多分、誰しもがグループの中に『好きなコンビ』っていうのが存在すると思うんですけど、私はV6の中でダントツ一番好きなコンビがオバドラコンビです。
そこで個人的にオバドラコンビの好きなエピソードなんかを誠に勝手ながら徒然させていただきます。

 

 

*まず、オバドラコンビとは?
V6のメンバー、長野博森田剛からなるコンビ。
由来は、2001年に発売されたオリジナルアルバム「Volume6」にて、「Over Drive」という2人のユニット曲がある。この曲名の略語から来ています。

 

①オバドラコンビの魅力

私が思うオバドラコンビの魅力は、真逆のタイプが起こす化学反応みたいなところ(笑)森田さんはクール、人見知り…我関せず的で、長野さんは穏和で周りを見ながら合わせていくタイプだから、真逆の人間が合わさると不思議なことに優しい空気が漂う。そこが一番の魅力(笑)
また、森田さんが長野さんにすごく興味津々なところも良い(笑)。森田さんは興味ないものには全く無関心という、はっきり分かるタイプなので、森田さんは長野さんのこと興味津々だなーと感じる場面に幾度も遭遇したことがある。長野さんの話題になるとすごい笑ったり、弄ったりするんですよね。(もうフィルターがかかってるからそう見えるのかもしれないが。笑)
学年でいうと6つも離れているのに、長野さんに対して『容赦ない』ところも好き。容赦ない森田さんに全く動じず、ニコニコしながら対応する長野さんも最高にいい(笑)。
また、森田さんは長野さんといるとリラックスしているように思える。心許してる感が感じられるので、なんだかほっこりするんですよね。

 

 

②長野さんの実家に行ったことがある森田さん

2007年のコンサートMCにて、長野くんの家に行ったことがあるかないかの話題で、「実家にならある」と答えた森田さん。長野さんのお父さんが、特上寿司を頼もうか?と聞いてくれたが、森田さんはお断りをし、でも本当は頼んでほしかったと本音をポロリ。「俺、ちゃんとご両親に挨拶とかするから」と、誠実アピールしていた森田さんが可愛い。


③プライベートでフットサルやスノボに行ったことがある
デビューして少し経った頃に、一部のメンバーの間でスノボがブームに。坂本さんを含めて3人でスノボに行ったこともあるが、オバドラコンビの2人でスノボに行ったこともある。坂本さんを含めた3人のスノボ珍道中は、他のメンバーやファンの間でも話題になったエピソードでもある。

また、フットサルにハマっていた時は、プライベートで一緒にフットサルやったり、同じフットサル仲間とご飯行ったり。

意外とプライベートで遊んだことがあるっていうのもまた魅力のひとつ。


④UNO
デビューして少し経った頃、UNOやトランプにハマっていた2人。「学校へ行こう!」のロケでオバドラコンビがヨーロッパへ行った時、夜行列車の中でひたすら朝までUNOをやっていたという。お互いに負けず嫌いなので、「やめよう」って言わなかったらしい。あとラスベガスでメンバーがカジノに行った時も、最後まで残っていたのがこの2人。ギャンブル好きなところもまた可愛い。


⑤下戸
お酒が飲めない(苦手な)2人。頑張って飲めるお酒は梅酒。森田さんが長野くんの分の梅酒を注文したこともある。
だが、ちびちび舐めてる程度でしか飲めない2人。可愛すぎます。


⑥ユニゾンパートが多い
V6の楽曲で、AメロやBメロでオバドラコンビの2人が歌うパートが多いんです。
その楽曲たちを一部抜粋。
・way of life
・LIGHT IN YOUR HEART
・GUILTY
・ROCK YOUR SOUL
・Drivin'
・あの空
・心からの歌
・VOLTAGE
・SHOW ME
・Catch
・どうかよろしく
・特別な夜は平凡な夜の次に来る
・旅立ちの翼
・明日の傘
・プール・ザ・マーメイド
・WALK
・Gravity Graffiti
・Twilight emotion
・素直になってゆく
・I'm yours
・LOVE&LIFE
・それぞれの空
・やっぱ、シンプル

一部抜粋です。
一部だけでもこんなにあります。ぜひ知らなかった方はよーく聴いて頂けたら、分かると思います。
こんなにあるってことは、やっぱり音楽プロデューサーやディレクターさんはこの2人のユニゾンを採用するくらい歌声がマッチングしてるってことですよね、分かります。


⑦男性として見ていない?
森田さんが2010年READYのコンサート中、穴に落ちて、気が付いたら目の前に長野さんがいて「あっ、お母さん…!」と思った、というエピソードだったり、『ミッションV6』では、逆さメガネをしながらノロノロお絵かきする長野さんに苛立った森田さんが「何やってんだよ、ババア!!」と叫んだり、森田さんは長野さんのことを男性として見ていない?(笑)
2013年のOMGコンで、カミセンがピンクの衣装を身にまとったトニセンのことを「ピンクおじさん」と言う中、森田さんだけ長野さんの肩に手を添えて「ピンクババアw」と呼んだり…。そんなこと言われても長野さんはニコニコしながら「ピンクババアでございます!」と言ってしまうところが本当に優しすぎる母性の塊…。そんな母性があるから森田さんは長野さんのことを男性として見ないんでしょうね(笑)。


⑧森田さんが長野さんのこと好きすぎる
2011年の「Sexy!Honey!Bunny!」の特典映像にて、森田さんが新潟でメンバーへお土産を買うという企画で、「気付いたら長野くんばっかり買ってた」と、セクバニコンの新潟公演でそのお土産を披露。本当に長野くんのこと好きなんだなぁと改めて実感させられた。
あと、6人旅で坂本さんから長野さんへと運転が交代になった瞬間、「安定してるね!」「さすがだよ!」「さばきが違うよな!」と褒める森田さん。その車の中で、紅葉が見えてきたら「しびれるね~~~!長野くん!」と、何故か長野さんだけを名指し。可愛い。
V6の素』か『マッハブイロク』で、神田うのさんのモノマネをした森田さんが、「長野くん、タ・イ・プ♡」と最後に言ったり、2015年に『しゃべくり007』に出た際に、メンバーに初めて会った瞬間の好きか嫌いかで答えてもらった時に長野さんのことはもちろん「好き」と回答。
昔から森田さんは長野さんのことを好きなんだろうな~という印象が伺えるのです。


⑨たまに奇怪な行動する森田さん
学校へ行こう!のロケで、ロケに協力してくれた方々に最後挨拶する時に、長野さんの背中に頭をゴツンとしながら礼をしたり、2013年にオンエアされた『MUSIC JAPAN』では前かがみになって金魚を見つめている長野さんのお尻をさり気なく触ったり、アジアだけで配信していた番組でミッションにクリアした長野さんにずーっと抱きついたり、ベストヒット歌謡祭2014で次のアーティスト登場にて森田さんが長野さんの両肩を掴んで揺らしながら出てきたり、OMGコンの「バリバリBUDDY!」の最後に長野さんの背中を肘でグリグリしたり、オリジナルアルバムOMGの特典映像で長野さんの手首を掴んだり、セクバニコンの打ち上げ特典映像にて井ノ原さんと共に容赦なくボンタン狩りしたり(笑)
たまに、『どうした!?森田さん!!』といった行動を長野さんによくするのです。
あとよく森田さんは「長野くん!!!!」と連呼することが多い。(これもフィルターかかってるからそう思うのかもしれないけど。笑)でも明らかに他のメンバーの名前より長野くんの名前を出していることが多いんだよなぁ。大体、弄る時が多いんだけど(笑)


⑩長野くんを守らないと!
2015年のテレステで森田さんが「長野くんを守らないといけない」発言をしています。これは24時間テレビで一緒にパーソナリティをやったHey! Say! JUMPと食事してる時に、伊野尾さんが長野さんの話が聞き取れなくて「え?」って聞き返したら、森田さんに「何回聞いてんだよ!(怒)」と怒ったエピソードからきたもの。
「俺に言うのは別に大丈夫だけど、長野くんはV6皆で守らないといけない」って言ってて。自分のことより長野くん!って感じで、長野くんを大事にしたいのが全面に出てて、もうオバドラコンビ好きには堪らないエピソードでした。

 


他にもたくさんのエピソードがありますが、オバドラコンビの魅力が知れるエピソードを挙げたと思います。文字だけでは伝わらないものなんかもあります。(画像とか動画とか)
少しでもオバドラコンビのことを気になった方がこの記事を読んでもっと興味を持ってくださると嬉しいです!


オバドラの沼へようこそ!笑


最後まで読んでくださってありがとうございました(^-^)

超特急にハマった私のその後。

 

2016年10月に行った「PERFECT HALLOWEEN」後、毎日のように超特急の情報を追っている私。

現在も超特急にドハマり中です。

12月の代々木公演も乗車させていただきました。

初めて8号車として行った現場。

8号車みんな若い。ただただつらかった。

こんなBBAが超特急の現場にいていいのだろうか?と思うくらい、みんな若くてピチピチしてて。

そりゃあ超特急のメンバーも20代前半ですもの、ファンも若いよなぁなんて思いながら、物販の列並んだりしているわたくしBBA8号車。

初めて超特急のペンライトを購入。もちろん赤色のユーキのペンライト。

記念にパンフレットも。買っちゃったよね~~~

 

公演は素晴らしい景色でした。

代々木でのアリーナ席なんて、V6さんでもここ数年なかったもんだから、ワクワクドキドキが止まらなくて。

PERFECT HALLOWEENの時も横アリのセンター席だったので、超特急は今のところ近くでしか見てない(笑)

8号車として初乗車だったから遠くてもいいやーと思ってたんだけどね…あれれ?笑

2016年12月のライブは、魅せるライブだったんだね。あまり2階席の方まで近くに行くってことが少なくて。

賛否両論?だったみたいだけど、私は早く円盤化して欲しいと思ってるくらい楽しかったので、スタッフさん宜しくお願いしますね(笑)

一番印象的だったのが「We Can't Do It」。久しぶりにエロ腰っていうの?見た気がする。そして発狂した気がする。

あとJR東海パロ映像も最高に良かった。あれもう一度見たい。お願い。

メンバー一人一人が書いた直筆ラブレターも度肝を抜かれたよね。

愛がたくさん詰まったライブを見させられてまた沼へと落ちました。

 

その後もzip春フェス、春ツアー、ツーショなどの現場にも行ける時は行ってます♡

正真正銘のドドドド新規8号車です(^o^)

 

あと、やっぱりなんといってもジャニーズと違うところは画像や写真が無限にアップしてくれるところ。これは大きい。

ニュースやトピックスでもオフショットや撮り下ろしもあるし、メンバーよブログにだってこちらが求めている以上の写真を載っけてくれるから最高。

ほんとこういう部分はジャニーズって時代遅れだなぁと感じる。

 

ということで、飽きっぽい私がまだまだ超特急にドハマリ中ですよってことをご報告でした!

 

2017年、V6さんツアーやるから…その時になったらもしかしたら超特急ちゃん離れるかもしれない…という不安もあるけど、不安を感じるくらいってことは降りることはないと思うので(笑)

 

ちゃんちゃん(^o^)

2016年に超特急にハマった私の最初の印象を徒然させてくれ

 

2016.10.22に横浜アリーナで行なわれた「PERFECT HALLOWEEN」に私は欅坂46を目当てに参戦してきたのだが、おかしいことに今や欅坂46より同じ公演に出演していた超特急の方が気になって毎日のように曲を聴いたり映像を漁ったりしている。

 

アイドルが好きな私だが、まさかここへきて自分より年下の男の子グループを好きになるとは思わなくて。女の子グループであれば年下なんていっぱいつまんできたけど(表現悪い)、年下の男の子はジャニーズでさえも気になることなかったのに。そういう年齢になってきたのかな、自分が(笑)

 

個人的に超特急というグループに対して思うこと、思ったことを徒然していきます。

これを読んでいる古株8号車さんは「絶対そんなことない」とか「さすが新規w」って思うかもしれません。ええ、存分に思ってください。

色んなアイドルを見てきた私の個人的な印象なのでね。

 

まず、メインダンサー、バックボーカルという斬新なグループ構成に「ついに来たな」という印象があった。アイドルなんて山ほどグループがある中で、今まで見たことないグループ構成。面白いと思った。あ、すみません、超特急って非アイドルと称してましたね。私の中ではガッチガチのアイドル…もごもご。

そしてメンバーを1号車から7号車、担当カラーまで決まっていてこれは分かりやすい!と思った。だいたいジャニーズなんて自己紹介のときに「担当カラーは…」なんて言わないし、衣装で『あぁこの子は赤着ること多いからメンバーカラーは赤だな』ってファンが気付く感じ。

だけど超特急はちゃんと担当カラーが決まってる。そこでちょっと残念だなぁと思ったのは、担当カラー決まってる、自ら公表しているおかげで毎回衣装に担当カラー入れなきゃいけなくなってる…ってのが可哀想だなぁと(笑)きっと他の色の衣装とかも着たいと思うなぁ(笑)

あと面白いなぁと思ったのは、ファンのことを8号車と言うところ(笑)メンバーがお休みの時は車両点検と表現するところ(笑)ライブに参戦のことをご乗車(笑)いやーなるほどね!と思ったよ(笑)考えた人すごい(笑)

 

個人的に一番気になってるメンバーは、ドジっ子担当、赤カラーのユーキくん。

きっかけはまさしく「PERFECT HALLOWEEN」での仮装がめちゃくちゃ似合ってたっていう理由(笑)魔女の宅急便のキキちゃん可愛かった!脚がキレイだった!あの格好で全力で踊ってるユーキちゃんキレッキレで気付いたら見とれちゃってた!

これがきっかけです。

私はずーーーっとV6を追いかけて見てきたんだけど個人的にダンスが一番上手いと思ってる森田くんが一番好きなので、きっと私はダンスが上手い人が好きなのかなー?とよくよく考えたらそんな気がした(笑)

 メンバーそれぞれの第一印象なんだけど、

1号車コーイチ→聞いてて気持ちいい歌声と関西弁

2号車カイ→髪の毛は長髪より短髪の方が断然いいよー

3号車リョウガ→ええ声すぎない?

4号車タクヤ→とろけるような甘いフェイスだなぁ

5号車ユーキ→ダンスの時の表情が最高に良い

6号車ユースケ→一番顔タイプ。変顔やばすぎ。

7号車タカシ→食べちゃいたいくらい可愛い。いっつも笑顔可愛い。

 

こんな感じです。

メンバーそれぞれ印象に格差あるけど(笑)

みんな年下だから「可愛い」が口癖になってきている。可愛いのに、パフォーマンスになるとカッコイイ。このギャップが最高にハマりました。

そして曲。

曲が一番ハマってるのかもしれない。アイドル曲が大好きな私だから、超特急の楽曲はすごくハマりましたねぇ。

Kiss Me Babyなんて最高じゃないですか!

センターに来るダンサーの名前をコールするんですよ?

48グループみたいな「よっしゃいくぞ~!」感があるから好きだな。あと「フッフー!」とかね(笑)1回聴いただけで耳に残るというか。

 

なんやかんや色々言うとりますか、私はドドドド新規なので、とりあえず自分の中で最初に感じた印象を記録しておこうと思って徒然してみました。

 

タクヤくん、普段クールすぎない?可愛いけど♡笑

塩対応なイメージ(笑)ほんとはそんなそんなことないんだろうけど(笑)

あとユーキくんとユースケくん、やんちゃ坊主なんだろうな~って印象(笑)お調子者っていうか(笑)

V6でいう井ノ原さんと三宅さんみたいな(笑)

 

もう終わりにする!笑

おそ松さんブームに乗っかってるわけで


アニメ『おそ松さん』にハマっている。
最初はV6ファンの間で6人組だからという理由で?Twitterなどでも騒がしかったわけだが、アニメなんて元々あまり興味のない私はその頃「ふ~ん」程度に思っていた。
だがしかし。
V6ファンの友人からすすめられたまさかの『おそ松さん』。
「V6メンバーにあてはまるキャラだよ!」
「6人旅の修学旅行ネタがおそ松さんでもやってたよ!」
「面白いから見てみて!」
と、言葉巧みに口説かれ、1話から順番に見ていった私。


まんまとハマった。

おもしろい。
それに兄弟それぞれのキャラ設定が最高にいい。
キャラが愛おしい。
V6メンバーにあてはめちゃう部分もある。

私はV6でいえば特に森田さんが好きなので、贔屓目で見てしまうのが一松だ。
あの少しやる気のない感じと四男ってところが森田剛と似ていると思う。
その次に贔屓目で見てしまうのが十四松
可愛い。ただただ可愛いし憎めない。
ぶっとんでるところとか、人に対しての愛情とか思いやりがあるから好きだ。
V6メンバーでいうと、最近の岡田准一であろうか。黄色だし。
他のキャラをV6メンバーにあてはめてみたところ、トド松(トッティは完全に三宅健
あざといところ、女子力高いところが完全に三宅健だ。
個人的にカラ松坂本昌行かなぁと思っている。
ナルシストでキザなところ、みんなにスルーされる感じ、そっくりじゃない?笑
あとおそ松チョロ松は井ノ原快彦どっちも入ってるって感じだなあ。
ちなみに長野博は、おそ松さんのキャラにはあてはまらない。
あんなに暴走しないし、神様みたいな人はいないし…。
5人もおそ松兄弟にあてはめられるってすごくない?

あと、私は声優さんとか全く詳しくないんだけど、おそ松さんの声をやってる声優さんって有名な声優さんがやってるんだよね?
そこもブームのひとつなのかな。
どんなストーリーであれど、いろんな場面でそれぞれの声優さんたちが頑張って作品を作り上げているのがすごく伝わる。本当にアニメとしてのクオリティは高いと思う。
ストーリー、キャラ設定、細かな演出、声のテンション上げ下げ…
どこを取ってもすごいなぁって。
私はアニメ専門じゃないから詳しくないけど、放送業界を出てる者としては、これは久しぶりの大ヒットだなぁと思うくらい。
作りがとにかくすごい。
アニメ制作スタッフさん、すごく忙しいと思うよ。
でも忙しいだけ、クオリティ高い作品は出来るはずだから。
毎週、おそ松さんを見るためだけに仕事頑張ってようなもんですので(笑)

また語らせてくれ(笑)おそ松さんについて(笑)

おわり。

【徒然】V6超ベリベス特典映像萌えポイント パート③


かなり遅くなってしまった。
2015.07.29に発売されたV6ベストアルバム、「Super very best」の初回特典映像の『V6 20th Anniversary 6人だけの合宿企画』を見て、個人的に萌えポイントなどを徒然。

ここからはパート③(ラスト)です。
[パート①の記事]
[パート②の記事]



~初回B(後半)~

ミッション⑥
『自分の秘密暴露』
まず窓の外を見る准健に萌え。
レーザーでホクロを取ったという昌行さんの告白に「どこ!?」と他のメンバーは興味持ってるのに、後半は貶すというやっぱりいつものオチが最高におもしろい。ジャニーズってなんでリーダーいじり多いんでしょ(笑)
井ノ原さんの車の匂いがダメだったと岡田さん。三宅さんも便乗して「俺もダメだった」と。井ノ原さんは車で後輩を連れ回してたんだなぁというのが想像できる。いいお兄ちゃんだな~
長野さんの「スネ毛に白く長い毛が1本はえてるよ」の流れだと思うんだけど、その後の森田さんの告白「左足首がポキポキなるよ」って書いてるの萌えません?「~るよ」の語尾!最後「よ」じゃなくてもいいのに!かわいい!オバドラほんとかわいい!!!
井ノ原さんの誕生日をWikipediaで調べる准健な!!可愛いすぎるだろ!!Wikipediaってところが!!

ミッション⑦
『トリック写真』
参加してる感がない昌行さん。ほんとかわいそう(笑)でもフッて吹いてる写真キレイで上手く撮れてるよね。
イノ健の柱持って足上げてる写真可愛いすぎる!ほんとお調子者コンビ。好きだなあ~。
壁寄りでトリック写真を考える6人がほんと温かい空気で好き。三宅さんがよく分かってなくて井ノ原さんと岡田さんに言われまくるところとか可愛いすぎる(笑)「坂本くん走って」に無言で応える昌行さんな(笑)されるがまま(笑)
「横になったおっさん達」
これ名言すぎるよ。岡田さんの男らしい口調がまた萌えなんだよな。「知らねーよ」「撮ったことねーから」とか(笑)。
そして最強写真がブランコの心霊写真な!笑
まさかこの写真がデビュー日11/1の公演のモニター映像に絵画として流れるとは(´;ω;`)くだらないことに爆笑してるメンバーを見て、見てるこっちも笑顔になる。そんな姿を服にしちゃうなんていう三宅さんも最高だ。

ミッション⑧
『感謝モノマネ』
「1番岡田准一」っていうオーディション形式に披露していくのおもしろかった(笑)そしてトップバッターが岡田さんてのも新鮮。昔の岡田さんに戻ったみたいで。こういうとき大抵井ノ原さんがトップバッターでしょう?テイクミーで骨折れた時の長野博のモノマネで「歯出てた?俺」って優しく聞く長野さんほんと神様だよ。普通の人だったら「そんな歯出てねーよ!」って怒るぜ?
そして昌行さんと井ノ原さんがヒソヒソしてからの佐藤B作さんのモノマネな!www
しかも何度やってもハマらないってのがwww
そしてイノ健チューしすぎだからwwwほんとバカ兄弟(笑)。
そしてほんと森田さんって井ノ原さんのウィーン少年合唱団のモノマネ好きだよね(笑)ほんと無邪気に笑う森田さん可愛い!
長野くんの「花嫁が来たぞ~!!」何度見ても爆笑wwwそれにデコボコしてるって言う森田さんな!オバドラほんと可愛いから!



ミッション⑨⑩は萌えポイントないから省略でいい?笑
ほんと最高な特典映像。スタッフさんわかってらっしゃる。くだらないことやらせるとピカイチに面白い。あーまたミッションV6やってほしいなぁって思った。あれは神番組だったな。

やっぱり超ベリベス特典映像で一番好きなところは寝起きドッキリの岡田さんのところかなぁ。ほんと岡田さんが可愛い。人間らしくて好きだなぁ。

おしまい。

金スマのモー娘。OG特集を見て。


金スマモーニング娘。OG集合スペシャルを見た。最高に良かった。やはりあれだけの人気を誇ったアイドルグループはあの時代はかなり注目されていたし、私の青春でもある。モー娘の全盛期は4期加入あたり。まず平均年齢が格段に下がったところがポイントでもあったと思う。増えたのは男性ファンだけでなく、若い女の子も憧れの的として人気が上がったと思う。"私もアイドルになれるかもしれない"という淡い期待と憧れを抱いていた女の子がたくさんいたと思う。それくらい世の中にモーニング娘。は知れ渡っていってた。私が小学生、中学生の頃だったから当時人気絶頂期だった頃の今だから言えるエピソードにはいろんな想いが込められているなぁと実感した。なぜモー娘は魅力的なのか、みんなハマったのか…と、この金スマを見て解決したとも言える。

わたしは当時よっすぃー推しだった。よっすぃーが大好きすぎてた。よっすぃーセンター曲の『Mr.moonlight~愛のビッグバンド~』は本当に大好きでCD何度もリピートした。わたしはどちらかといえば女の子っぽいアイドルより、男っぽいかっこいいアイドルが好きだ。AKBでいうところの大島優子だ。だからよっすぃーは憧れだったなぁ。顔立ちも綺麗だったし。それにモー娘。はバラエティ番組をよく頑張っていたよね。お願いモーニングとかハローモーニングとかめっちゃ見てた。好きだったなぁ。
でもモー娘。はうたばんのおかげでもあるよね。うたばんがモー娘。にかなりのお金をかけてくれてたと思う。CGの部分で(笑)それと敏腕マネージャーのおかげもあってビシバシとバラエティ番組にウケるアイドルを育成してたんだなぁって。今までのアイドルを覆してきた発端のアイドルはモー娘。だよね。本当はそんなキャラじゃないメンバーもいたと思う。そう思うとアイドルってどれだけ大変なのかが分かる。
モー娘。のラッキーだったところはきっとライバルグループがいなかったところ。何のCD出しても売れてたよね。アイドル戦国期ではなかったからライバルはグループ内もしくはハロプロ内だったであろう。時代は分からんもんです。

そんなモー娘。OG達が作ってきたグループが今もなお卒業や増員を繰り返して存続していることにまた面白さがある。今は今のモー娘。で魅力がある。今のモー娘。はすごいんだよ。フォーメーションダンスと歌唱に力を入れてるから、口パクなんてしてないし本物のパフォーマンスを生で見れる。そしてクオリティが高い。一度ライブに行ってみたい。今の推しはだーいしちゃん(石田あゆみ)でございます。ダンス上手い子好きなんだよなぁ。昔っから(笑)
女の子のグループっていろいろあるけど、それを何十年後とかに今だから言えるエピソードで真相を聞くと面白いよなぁ。
ぜひとも何十年後、AKB全盛期の頃のエピソードを聞きたいものです。
…あれ。もう。過去形っぽく全盛期なんて言っちゃった。
まぁ、そういうことですよね。

【徒然】V6 20thAnniversaryライブ


絶賛V6の20周年コンサートが開催途中だが徒然させてくれ。
ネタバレあるからネタバレ嫌な方は回れ右。




今のところ9/5大阪と横浜アリーナ3days入ってる私だが、今回のコンサートを見た感想を正直に書かせていただく。
本当は9/5の大阪公演を見たあとに書きたかったが、生憎の忙しさで書けなかった。南無~。

まず、率直な感想。

詰め込みすぎ。

やりすぎてて私にはちょっと忙しい…と思った。果たしてあの投票は活かされてるのか?参考にしてるのか?『参考にしたかったが、もうあまりにも意外な結果すぎてとりあえずシングル全部盛り込んじゃえ!』ってことになったんじゃないかと勝手に思ってるんだけど、どう?ステージもステージ上のセットもものすごくシンプル。『ありのままの俺達を見てくれ!』ということと、井ノ原さんがMCで言ってた通り、できるだけ多くのお客さんを…ということなんだろうけど。なんていうのかな。私にとって今回のコンサートは目玉がない。例えば近年のV6のコンサートで考えてみよう。2010年のREADY?コンの目玉といったらやはり『Will』や『Air』じゃなかろうか?2011年のセクバニコンでの目玉は『Break The Wall』や『Supernova』、2013年のOMGコンの目玉は『大人Gayz』『親愛なる君へ』『Supernova』『RYS~kEEP oN.』だと個人的には思っているわけですが。でもきっと今回の20周年のコンサートはそれはそれでいいのかもしれない。目玉がないというより、目玉を無くした?と考えればいいのかな、と。たくさんの曲をリリースして、じゃあその中で一番の目玉を作るとしたらV6さんとしては目玉なんて作りたくなかったんじゃないかって。目玉を作ってしまったらその曲だけが贔屓になってしまう。きっと無くしたかったんだと思う…と、かなりポジティブに考えてみた(笑)。
今回、演出面で個人的に好きなパフォーマンスは『Break The Wall』『映像とのコラボパフォーマンス~IN THE WIND』『スカリミ~テイクミー』『Wait for you』かな~。とにかく今挙げた部分は全て鳥肌もんなんです。ダンスがかっこよすぎる。見入っちゃう。私の中での心電図がヤマになるところです。まぁこれは演出面ですが、萌えポイント的に言うとですね、『Can do! Can go!』の最後センステでの振り付け(森田さん長野さんが対角だから)、『グッデイ!』のAメロ2(准健が可愛い振り付けしてるから)、『HONEY BEAT』のBメロ(准健、オバドラの組み合わせだから)、『小MC』(6人の時はオバドラ隣同士、カミセンの時は絶賛准健トークだから)、『MC』(准健隣同士、オバドラ隣同士だから)、『愛なんだ』(准健が肩組んだり抱っこしたりしながら花道通るから)、『バリバリBUDDY!』(WowWow~お尻ぶつけ合い准健、オバドラ、最後のUh~でのオバドラは見物)…ぐらいですかね。オペラグラスでじっくり観察するところは(笑)。そうです。ただのオバドラ信者、准健ヲタクなだけです。

とにかく。大阪公演見終わった時は正直『OMGのが好きだな』なんて思ったりもしました。ですが、横浜3daysも終わり、ここへきて『あっなんか好きかもしれない』と思ってきています。DJ頑張ったと思います。これはリハーサルとか大変だったと思う。慣れないもんね。いきなり違う曲のフレーズ入ってきたり、セクバニ踊っているところからトニセンだけは愛なんだのサビの振り付けしたり、とにかく色んな曲やフレーズが入り混じっていてホントに忙しい。そしてまだ全曲見つけ出してない。難しい。
個人的に、この曲要らんだろ…とか、この曲やってないのかよ…っていうのあると思います。私もあるし(笑)。でもきっもV6さんは少し離れていたファンや新規ファン、ずっと応援し続けているファンみんなが楽しめる、盛り上がれるコンサートを作ってくれているから、文句なんて言ってらんないっすよね(笑)。感謝ですよね!
とにかく今からDVD発売が楽しみだ!笑
ぜひとも特典映像にはマルチアングルできればスカリミ、テイクミー、Wait for you)とか6人旅とか入れて欲しいな!

わがまま&文句ごめんなさい!
自由に書かせて!ブログくらい!笑
またオーラス終わった頃に徒然するんじゃないかな~あっはっは。