アイドル評論家になりたいだなんて思ってない

140字じゃ足らないアイドルのことを徒然と。

【徒然】V6 20thAnniversaryライブ


絶賛V6の20周年コンサートが開催途中だが徒然させてくれ。
ネタバレあるからネタバレ嫌な方は回れ右。




今のところ9/5大阪と横浜アリーナ3days入ってる私だが、今回のコンサートを見た感想を正直に書かせていただく。
本当は9/5の大阪公演を見たあとに書きたかったが、生憎の忙しさで書けなかった。南無~。

まず、率直な感想。

詰め込みすぎ。

やりすぎてて私にはちょっと忙しい…と思った。果たしてあの投票は活かされてるのか?参考にしてるのか?『参考にしたかったが、もうあまりにも意外な結果すぎてとりあえずシングル全部盛り込んじゃえ!』ってことになったんじゃないかと勝手に思ってるんだけど、どう?ステージもステージ上のセットもものすごくシンプル。『ありのままの俺達を見てくれ!』ということと、井ノ原さんがMCで言ってた通り、できるだけ多くのお客さんを…ということなんだろうけど。なんていうのかな。私にとって今回のコンサートは目玉がない。例えば近年のV6のコンサートで考えてみよう。2010年のREADY?コンの目玉といったらやはり『Will』や『Air』じゃなかろうか?2011年のセクバニコンでの目玉は『Break The Wall』や『Supernova』、2013年のOMGコンの目玉は『大人Gayz』『親愛なる君へ』『Supernova』『RYS~kEEP oN.』だと個人的には思っているわけですが。でもきっと今回の20周年のコンサートはそれはそれでいいのかもしれない。目玉がないというより、目玉を無くした?と考えればいいのかな、と。たくさんの曲をリリースして、じゃあその中で一番の目玉を作るとしたらV6さんとしては目玉なんて作りたくなかったんじゃないかって。目玉を作ってしまったらその曲だけが贔屓になってしまう。きっと無くしたかったんだと思う…と、かなりポジティブに考えてみた(笑)。
今回、演出面で個人的に好きなパフォーマンスは『Break The Wall』『映像とのコラボパフォーマンス~IN THE WIND』『スカリミ~テイクミー』『Wait for you』かな~。とにかく今挙げた部分は全て鳥肌もんなんです。ダンスがかっこよすぎる。見入っちゃう。私の中での心電図がヤマになるところです。まぁこれは演出面ですが、萌えポイント的に言うとですね、『Can do! Can go!』の最後センステでの振り付け(森田さん長野さんが対角だから)、『グッデイ!』のAメロ2(准健が可愛い振り付けしてるから)、『HONEY BEAT』のBメロ(准健、オバドラの組み合わせだから)、『小MC』(6人の時はオバドラ隣同士、カミセンの時は絶賛准健トークだから)、『MC』(准健隣同士、オバドラ隣同士だから)、『愛なんだ』(准健が肩組んだり抱っこしたりしながら花道通るから)、『バリバリBUDDY!』(WowWow~お尻ぶつけ合い准健、オバドラ、最後のUh~でのオバドラは見物)…ぐらいですかね。オペラグラスでじっくり観察するところは(笑)。そうです。ただのオバドラ信者、准健ヲタクなだけです。

とにかく。大阪公演見終わった時は正直『OMGのが好きだな』なんて思ったりもしました。ですが、横浜3daysも終わり、ここへきて『あっなんか好きかもしれない』と思ってきています。DJ頑張ったと思います。これはリハーサルとか大変だったと思う。慣れないもんね。いきなり違う曲のフレーズ入ってきたり、セクバニ踊っているところからトニセンだけは愛なんだのサビの振り付けしたり、とにかく色んな曲やフレーズが入り混じっていてホントに忙しい。そしてまだ全曲見つけ出してない。難しい。
個人的に、この曲要らんだろ…とか、この曲やってないのかよ…っていうのあると思います。私もあるし(笑)。でもきっもV6さんは少し離れていたファンや新規ファン、ずっと応援し続けているファンみんなが楽しめる、盛り上がれるコンサートを作ってくれているから、文句なんて言ってらんないっすよね(笑)。感謝ですよね!
とにかく今からDVD発売が楽しみだ!笑
ぜひとも特典映像にはマルチアングルできればスカリミ、テイクミー、Wait for you)とか6人旅とか入れて欲しいな!

わがまま&文句ごめんなさい!
自由に書かせて!ブログくらい!笑
またオーラス終わった頃に徒然するんじゃないかな~あっはっは。